能登が育んだ葡萄を、ゆっくりと時間をかけて。Winery

能登人(のとびと)による 精魂を込めたワインづくり

ただ実直に、正面からワインづくりに取り組む。
真正面と評される能登人の気質が、真っ直ぐなワインをつくり上げます。

ワインづくりは農業。よいワインは、よい葡萄から。真心こめて育てられたブドウは9月から10月にかけて糖度と酸度の最もバランスのとれた時期に収穫します。
収穫した葡萄は除梗破砕機にかけて房から梗(果粒のついている枝)を取り除き押しつぶします。
白ワインは潰した葡萄を圧搾機で搾り、果汁だけをタンクに入れ発酵させます。赤ワインは潰した葡萄をそのままタンクに入れ、発酵の後に圧搾し皮と種を取り除きます。発酵期間は3週間程度です。
余分な香りと味がつかないように、発酵によってワイン内に発生した澱を澱搾り機にかけ取り除きます。
発酵の終わったワインを樽又はタンクに入れ、熟成させます。この熟成によってワインの香りと味わいが深くなります。
精密フィルターを通してワイン内に残っている酵母を取り除き、さらに瓶詰の直前に衛生フィルターを通して雑菌を取り除き生詰めします。
瓶詰したワインは熟成庫に入れ寝かせます。ワインは瓶の中でも熟成を続けます。熟成の期間はワインのタイプによって異なり、若い間に楽しむワイン、長期間寝かせたワインといろいろあります。

能登ワインの主な葡萄品種

能登ワインの最高峰クオネスに用いるヤマソーヴィニョンの他、十数品種の葡萄を栽培しています。
希少な葡萄も多く、これから能登の大地でどんな葡萄に育って行くのかとても楽しみです。

黒ブドウ

マスカットベリーA
日本の葡萄の父とも呼ばれる川上善兵衛によって産み出された国産赤ワイン用品種。完熟すると甘酸のバランスのとれた濃厚な風味を醸し出し、特に果皮の周りに、ポリフェノール類が多く含まれ、独特の美味しさが楽しめる。
ヤマソーヴィニヨン
山梨大学がカベルネソーヴィニヨンに山ぶどうを交配して改良した赤ワイン用品種。カベルネソーヴィニヨンの独特の香りと味わいを受け継いでいる。能登の気候風土に最も適した品種です
サンジョベーゼ
イタリアの代表的な赤ワイン用品種。酒質としては色はやや弱いが独特の渋みと味わいを持つ。能登では果皮の色素が薄く、赤ワインにはならないので、果汁の風味だけを活かした白ワイン仕立てで造ります
ツバイゲルトレーベ
オーストリアで交配によって改良された赤ワイン用品種。黒紫色で糖度と酸度のバランスがとれ、やや淡白だが香りよく酒質に優れている。能登ではヌーボー(新酒)の原料として使われます。
メルロー
フランスボルドーを発祥地とする代表的な赤ワイン品種。熟した黒い果実の香りがし、酸味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかなワインになります。

白ブドウ

シャルドネ
世界的に最も名の知られた白ワイン用の品種の一つ。香り高く、キレのよい辛口ワイン。品種そのものの個性は乏しいが、その分造り手の思想が 反映しやすいと言われています。能登では爽やかでエレガントなスタイルに造られます。
ソーヴィニヨンブラン
フランス西部を原産地とするブドウで、シャルドネと並ぶ重要な白ワイン品種。青草やハーブのような香りが特徴で、酸味が強くフレッシュ感があります。
ナイヤガラ
北アメリカで誕生した白ブドウ品種です。糖度が高くて甘みも強く、フォクシーフレーバーと言われる特有の芳香があり、生食用としても人気のブドウ。華やかでフルーティーな香りの甘口ワインが造られます。